HOME>アーカイブ>大まかな特徴と詳細な種類別の特徴を把握する

同じように見えてもその中には種類がある

アクリル板

皆様の企業や事業所等において、アクリル板を活用したいがどのような種類や特徴があるのか分からず導入が出来ないとの悩みを持つ所はありませんでしょうか。一言でアクリル板といってもその中には種類があります。まず、押し出し材と呼ばれるタイプです。これは粘土状のアクリルの樹脂をローラー等の機器を使い押し出し板状にして出来るタイプのものです。一度に大量生産出来たり、熱により形を変更しやすく加工しやすい等という特徴があります。一方、キャスト材と呼ばれるタイプはアクリル板製造用の2枚のガラスの間にアクリルの原料を流し込み硬化させて作るものです。カラーバリエーションが多く出来る、厚みがある板を作るのに向いているという等という特徴がこちらにはあります。

全体的な特徴も知ろう

アクリル板

種類を知ったところで、アクリル板全体としての特徴も知っておきましょう。アクリル板の最大の特徴といっていいのがその透明感です。様々な企業や事業所等でガラスの代用品として利用されている事も多いです。特に、透明度に関してはガラスよりも高いという性質を持っているため、小売店等で用いられるショーケース等にはアクリル板の方が重用される傾向にあります。その他、衝撃体制や環境変化に強い等といった耐久性に優れているため、工事現場等においてもガラスの代用品として利用される事も多いです。

そうした種類や特徴をどう活かすか

アクリル板

では、こうしたアクリル板の特徴等を活かす事が出来るシチュエーションにはどういったものがあるのでしょうか。まずは耐久性の高さを活かした、産業機械のカバーとして利用する方法です。透明で何が入っているかが分かりやすく、耐電性にも優れていて万が一の誤作動の場合にもアクリル板で出来たケースならば破損しづらく、二次被害を最小限に食い止める事も可能です。また、様々なカラーバリエーションが再現出来るキャスト材のアクリル板を利用して小売店における案内板や広告媒体の作成という場面の活用も考えられます。

広告募集中