HOME>記事一覧>料理をおいしく作るにはいかに鍋の温度を制するかにかかっている

目次

初心者にとって重い鍋は使いづらい

アルミ

料理を趣味にしたいという初心者にとって、手始めにどんな鍋を選んだらいいのか迷うところです。初心者にとっては持ち運びが簡単かつ短時間で料理が出来るのが良いので、この条件に合った鍋というのがアルミ鋳物になります。アルミ鋳物は特殊な加工をしたアルミを鍋の形状に作り上げたもので、日本料理では行平鍋として用いられているのです。アルミの特徴はとても薄い金属で加工しやすいので、その最大の特徴としては握力の弱い女性でも買建てて持ち上げることができるぐらいに軽いのが利点になります。料理は好きだけど鍋が重くて片付けが面倒と感じる人にとって、アルミ鋳物というのは片付けも楽なので初心者にお勧めの理由の一つです。

短時間調理ができる

アルミ

一般的に販売されている鍋類としてはステンレス製が主流であり、ステンレスのメリットは頑丈かつ汚れに強いだけでなく熱の保持率が高いので焼き物をした後に別の料理を作るのに適しています。ただステンレス製のデメリットは頑丈ゆえに、熱の保持率は高いですがその反面温まりにくいので短時間で料理を作りたいときには不向きです。その点アルミ鋳物は熱伝導率が良いので短時間で料理を作るのに向いています。

野菜がおいしくなる

金型

熱伝導率の良さというのは短時間で調理できるのがメリットですが、もう一つの恩恵として短時間調理をすることで野菜が美味しくなるということです。野菜のうまみ成分は内部組織に包まれているため、本来の味わいを楽しむのであれば加熱するのが望ましいです。しかし長く加熱すると水分が出てしまって食感が無くなるので、アルミ鋳物を使って短時間で火を通せば水分と栄養が残り美味しくなります。

広告募集中